Tatoo除去(刺青)は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ。ベテラン院長がカウンセリングから手術・術後の経過までをしっかり診療します。

診療科目一覧 ― 美容外科 その他メニュー

HOME > 診療科目一覧 > 美容外科/Tatoo除去 > 切開法による除去

切開法による除去

シンシアの切開法

切開法とは

就職・結婚などの関係で、どうしても早期にTatooを無くしてしまいたい場合、Q-スイッチYAGレーザー等で反応の弱い場合、手術による除去が必要です。しかしながら、皮膚の縫縮が基本になりますのであまり大きな部分は適用になりません。また、ある程度の大きさの場合、分割切除といって数回に分けることもあります。(手術は最低、半年間空ける必要があります)また、部位・体質によっては傷跡が目立つ場合もあります。お気軽にご相談下さい。

tatooを切除し、皮膚を伸ばして縫い合わせますが、デザインにより傷跡が直線またはジグザグであったりしますが、仕上がりはいずれも一本の傷となります。

当院での基本的なコンセプトは、患者様の負担減重視を基に、切開法を行っております。

  • なるべく傷が短く
  • 皮膚の負担が軽く

こんな方にお勧めです。

  • 確実に消したい
  • 黒以外の色んな色が入っている
  • 時間がなく、急いで取りたい

症例写真

症例 1

症例.1)


症例 2 切開法(分割切除)

この症例に関するDrブログはコチラ その1 その2 その3

症例.2)切開法(分割切除)


症例 3 切開法

この症例に関する院長のブログはコチラ

症例.3)切開法


症例 4 切開法 35歳女性

この症例に関する院長のブログはコチラ

症例.4)切開法 35歳女性


症例 5 切開法(分割切除)

この症例に関する院長のブログはコチラ

症例.5)切開法(分割切除)

手術の流れ

カウンセリング

院長自らが患者様のお肌の特徴を診察します。患者様の状態を配慮し、最適な方法をご提案します。手術内容は患者様が納得するまでご説明いたします。

マーキング

除去範囲のマーキングをしていきます。一度で取りきれない大きなものは、複数回に分けて治療することがございます。

麻酔

笑気ガスと安全な静脈麻酔を行い、痛みをほとんど感じることなく局所麻酔を行います。

手術

マーキングした箇所を切開し皮膚を切り取ります。切除した部分の縫合を行います。

術後

手術後は1~2時間程お休みをいただいてから帰宅可能です。

ご相談・ご予約

よくある質問

痛みはありますか?

通常の局所麻酔の前に、笑気ガスと静脈麻酔を使用しますので、術中の痛みはもちろん、局所麻酔する際の痛みもありません。

どんなTattooが切開法になりますか

墨の入り方が濃くレーザーでの治療が長引く場合や、色々な色が使われている場合、手術に抵抗がなく早く消したいと望まれる場合などです。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ