ニキビ治療は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容皮膚科

HOME > 診療科目一覧 > ニキビ

ニキビ

ニキビは、顔・胸・背中などで皮脂腺をもつ毛穴を中心として発症します。
病態は様々でそれに合わせた治療が重要になります。

ニキビの種類

微小面皰と非炎症性皮疹(面皰)

微小面皰
微小面皰

面皰とは主に男性ホルモンによって皮脂分泌が亢進し、さらに毛包漏斗部の角化異常が起こることで、毛包内に皮脂が貯留し、アクネ菌が増殖した状態。この面皰の前段階が微小面皰である。


閉鎖面皰(白ニキビ)
閉鎖面皰(白ニキビ)

閉鎖面皰は毛孔が角栓により閉鎖し、毛包内に皮脂の充満、及びアクネ菌の増殖を認める。


開放面皰(黒ニキビ)
開放面皰(黒ニキビ)

毛孔が開大しメラニンや酸化した皮脂により黒く見える状態。


炎症性皮疹

炎症性皮疹(紅色丘疹)
炎症性皮疹(紅色丘疹)

面皰内で皮脂を栄養とするアクネ菌が増殖し細菌性リパーゼ・好中球走化因子などを産生。
細菌性リパーゼが皮脂を分解して遊離脂肪酸を生成。
集積した好中球が活性酸素を放出。などの炎症反応が発生する。


膿疱
膿疱

炎症により毛包壁が破壊され、内容物が漏出。さらに炎症を進展させる。皮膚から真皮層に至るダメージが発生し瘢痕が残ることになります。(ニキビ跡)さらに悪化して隣同士の膿疱がつながってしまったりすると線維化が不規則に起こりボコボコとしたクレーターと表現するような状態になる。

ニキビの原因

遺伝による体質的な要素が発症に関与し増悪因子としてストレス・胃腸障害・遺伝・食生活・外的刺激(化粧品や髪の毛など)も指摘されています。

治療のポイントは、できるだけ多くの原因に対しての治療を併用することなのです。
通常の投薬に偏った皮膚科診療のみでは難治性のニキビの治療は困難です。

ニキビの治療法について

ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴールピーリング)

肌表面の余分な角質を除去して肌のターンオーバーを正常化、優れた殺菌作用でにきび菌を殺菌し、
にきびを改善します。

詳しく見る


イオン導入

お肌を美しく保つのに役立つビタミンCやアミノ酸などの成分をイオン化させ皮膚に
微弱な電流を流すことで 効果的に真皮まで浸透させる方法です。

詳しく見る


面皰(面ぽう)圧出・レーザー面皰(面ぽう)圧出

面皰内を殺菌し、皮脂腺にダメージを与えてニキビをできにくくします。

詳しく見る


ホルモン療法

下顎やフェイスラインのニキビでお悩みの方にお勧めです。

詳しく見る


その他

抗菌薬・ディフェリンゲル(アダパレン)・ビタミン内服、ジェネシス・ライムライト・レーザーカーボンピーリング・ロアキュタン(アキュテイン)のご紹介です。

詳しく見る

ご相談・ご予約