ニキビ治療(ケミカルピーリング、イオン導入、ホルモン療法)は東京銀座・渋谷の美容皮膚科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容皮膚科

その他

抗菌薬

ニキビの炎症を伴う段階、紅色丘疹・膿疱・結節・などでは抗菌薬の外用及び内服が適用となります。

これらはニキビ菌(P.acnes)に対する抗菌作用だけでなく抗炎症作用も期待して用いられます。内服薬で最も良く使われるのはミノサイクリンでこれは皮脂腺に集まりやすい傾向がありニキビ肌に向いています。

抗菌薬は、ニキビを治す薬ではなくニキビの炎症を抑えていく薬です。炎症が起きている際の治療補助の役割を担います。

料金

  • ミノサイクリン(50mg)30日分60錠 4,000円(税別)
  • ナジフロキサシンクリーム1本 1,500円(税別)

ディフェリンゲル(アダパレン)

シンシアではディフェリンゲル0.1%を採用しています。
ディフェリンゲルは国内初のレチノイド作用をもつ外用尋常性ざ瘡(ニキビ)治療薬です。ニキビの大きな原因の一つである毛包漏斗部の角化異常を改善し皮脂の分泌をスムースにします。
2008年7月に日本の厚生労働省に認可されました。

1日1回洗顔後に患部に適量を塗布していただきます。データ上は12週間で非炎症性・炎症性のニキビともに65%に改善が見られました。

料金

  • ディフェリンゲル 1本 2,000円(税別)

ビタミン内服

ビタミンには皮脂の分泌を抑制したり、皮膚の保湿力をアップする効果が見られニキビが出にくくなる体質を作っていきます。

シンシアでは皮膚トラブルの方に対し、ビタミンB1・B2・B6・B12混合薬、ビタミンB5、ビオチンをお勧めしております。もちろん、ビタミンCもお勧めです。

  • ビタミンB1
    乳酸の除去・肉体疲労(糖の代謝を促進してエネルギーを産生し、神経・筋肉などへエネルギーを供給します。)
  • ビタミンB2
    体内で補酵素として働き、摂取した脂質を効率よくエネルギーに変えるエネルギー代謝のほか、多くの物質代謝にかかわっています。ビタミンAとともに呼吸、消化、循環系の粘膜の健康を保ち、眼、皮膚の働きを正常に整える。
  • ビタミンB6
    アミノ酸とたんぱく質の代謝にかかわっています。興奮した神経細胞を抑える働きのある神経伝達物質を作るので精神の安定化にも寄与します。そのほか、皮膚・粘膜の健康維持に役に立っています。話題の美白成分L-システインの体内での合成をサポート(L-システインはビタミンCと協働でメラニン色素の合成阻害や淡色化を促進)
  • ビタミンB12
    葉酸と協力して赤血球の生成や神経細胞の修復を行っています。肩こり、腰痛、しびれや神経痛、目の疲れなどの末梢神経障害に効果。植物性の食品には含まれていないことや胃炎で吸収が低下することから、ベジタリアン傾向のある方やストレスの多い方にお勧め。
  • ビタミンB5(パントテン酸)
    ローヤルゼリーに多く含まれる成分。接触皮膚炎や湿疹に効果。炎症体質の改善。副腎皮質ホルモンの分泌を助け(副腎皮質ホルモンは皮膚で角質層をつなぎとめる物質を作る助けをしており乾燥を防ぐ役割をしています。内因性の副腎皮質ホルモンがきちんと分泌されることは体にとって非常に重要です。)皮膚の保湿、キメの保持に役立ちます。(アトピー性皮膚炎・ニキビにも効果的アメリカではステロイドの服用の前にこの成分の摂取を勧められることもあります。炎症体質には、ビタミンHの併用がお勧め。
  • ビタミンH(ビオチン)
    湿疹・接触性皮膚炎・ニキビ・アトピー・炎症体質の緩和(花粉症)、炎症抑制のプロスタグランジンを作り炎症体質を改善する。脂肪酸やアミノ酸の代謝を促進し、皮膚や神経組織などを正常に保つ。炎症体質の改善にはビタミンB5の併用がお勧め。
  • ビタミンC
    免疫力UP・シミ・そばかすの改善及び予防・コラーゲン生成の補助・ニキビの改善・活性酸素の除去

料金

  • ビタノイリン武田(ビタミンB1、B2、B6、B12混合)
    1日2カプセル 100カプセル 4,000円(税別)
  • ヨウテチン錠 (ビタミンB5 パントテン酸)1日2錠 100錠 4,000円(税別)
  • ビオチン(ビタミンH)1日1包 50包 3,000円(税別)
  • ニキビセット30日分(上記三種ビタミン) 6,000円(税別)

ジェネシス

ニキビが長引くと血管の拡張が見られたり、周囲が瘢痕化して凹凸が見られます。
ジェネシスは、拡張してしまった毛細血管を静めていく役割や、瘢痕を小さくしていく効果、さらにはコラーゲンの増生を促進することでニキビ跡やニキビに伴う赤みの悩みを改善します。

また、ニキビ自体も出にくくしていく効果がありこれは、

  • 加熱によるアクネ菌の殺菌
  • コラーゲンが増えることにより皮膚の保湿力が高まり皮脂の分泌が下がる。

ということが考えられています。

>> 詳しくはこちら <<

ライムライト

ニキビが長引いた時に発生してくる赤み(毛細血管の拡張)や色素沈着に対して効果を発揮します。
また、新陳代謝を活発にする効果によりニキビをできにくくしていくといわれています。

>> 詳しくはこちら <<

レーザーカーボンピーリング

レーザーカーボンピーリングによるピーリング作用とチタンプラズマによる415nm光によるアクネ菌の殺菌力でニキビに効果を発揮します。

>> 詳しくはこちら <<

ロアキュタン(アキュテイン)

アキュテイン(ロアキュタン)は一般名ではイソトレチノインというニキビの飲み薬です。ニキビにトレチノイン療法というのがありますがその内服薬といったところでしょうか。海外ではもう数十年にわたって使われているのですが、胎児に対する危険性が非常に高いのと多岐にわたる強い副作用によりアキュテイン(ロアキュタン)は日本で認可されておりません。アメリカですら、相当厳重な管理のもとに使用される薬剤です。
いろいろな治療を試したけれども反応しないという方にのみ使用することが可能なお薬です。お問い合わせ下さい。


症例1 ロアキュタン(アキュテイン)内服 女性

この症例に関するDrブログはコチラ その1 その2

症例1 ロアキュタン(アキュテイン)内服


症例2 ロアキュタン(アキュテイン)内服

この症例に関する院長のブログはコチラ

症例1 ロアキュタン(アキュテイン)内服


+ もっと見る

症例3 ロアキュタン(アキュテイン)内服

この症例に関する院長のブログはコチラ

症例3 ロアキュタン(アキュテイン)内服


症例4 ロアキュタン(アキュテイン)内服

この症例に関する院長のブログはコチラ その1 その2 その3

症例4 ロアキュタン(アキュテイン)内服


症例5 ロアキュタン(アキュテイン)内服

この症例に関する院長のブログはコチラ

症例5 ロアキュタン(アキュテイン)内服

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ