ニキビ治療(ケミカルピーリング、イオン導入、ホルモン療法)は東京銀座・渋谷の美容皮膚科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容皮膚科

イオン導入

シンシアのイオン導入

ビタミンCはシミ・そばかすの改善及び予防・コラーゲン生成の補助・ニキビの改善・活性酸素の除去・免疫力UPなどの役割を持ち、お肌の健康のために欠かせないものです。しかしながらお肌のバリヤーによって通常のケアではビタミンCを十分にお肌に浸透させるのは難しいのです。

イオン導入(イオンフォレーシス)とはお肌を美しく保つのに役立つビタミンCやアミノ酸などの成分をイオン化させ皮膚に微弱な電流を流すことで効果的に真皮まで浸透させる方法です。(通常の化粧品の100倍近い浸透力といわれています。)

ケミカルピーリング後やライムライト・ジェネシスなどの光治療の後のイオン導入はより効果的です。

  • ビタミンC誘導体10%と相乗効果を生み出すナイアシンアミドを配合。
  • アミノ酸16種類配合で高い保湿・美肌効果が得られます。

イオン導入の効果

ビタミンCの免疫力UP・シミ・そばかすの改善及び予防・コラーゲン生成の補助・ニキビの改善・活性酸素の除去

  • ニキビ
  • ニキビ跡
  • しみ、くすみ
  • 小じわ
  • 毛穴の開き
  • 色素沈着

その他さまざまな肌トラブルに効果があります。

トラネキサム酸イオン導入

肝斑とは特に女性の目の下に現れやすいシミの種類のうちの一つです。特に30歳くらいから発症する方が多く、薄い方も含めると中年女性の80%に存在するといわれています。薄い方はほとんど問題になりませんが肝斑の濃い場合治療が非常に難しいシミとなります。

この肝斑に対して外すことのできない治療のひとつにトラネキサム酸の内服があります。トラネキサム酸には内服の他にも外用剤として美白効果が報告されています。

さらに、トラネキサム酸をイオン導入するための薬品が近年開発されお肌の奥まで大量にトラネキサム酸を送り込むことができるようになり肝斑治療のための新しい画期的な方法となっております。

一般的には1~2週間に1回3~4か月くらいで肝斑に効果が見られます。

治療期間・回数

イオン導入は施術後すぐにお肌の柔らかさなどを実感していただける方も多い治療です。
1週間に1回など、定期的に続けることで美白・ハリ・肝斑の減少など確実に効果が上がります。

治療の流れ

カウンセリング

まず、希望部位を伺い、お肌の状態を充分に診察させていただきます。
その後治療法、効果などを患者様が納得いただくまでご説明いたします。

洗顔

メイクを落としていただくために洗顔をしていただきます。

施術

10%ビタミンC誘導体と16種類のアミノ酸が含まれたローションをたっぷりと含んだコットンパックをお顔に乗せます。

続いてイオン導入により皮膚に不可欠なビタミンCを大量に皮膚に導入します。この際ローラーを用いて顔全体をトリートメントすることで効果が高まります。

ケミカルピーリング後やライムライト・ジェネシスなどの光治療の後のイオン導入はより効果的です

術後

ほとんどの方に直後より皮膚の滑らかさが実感していただけます。
治療後は痛みや肌のダメージもございません。
普段通りのメイクをしてお帰りいただけます。

受けることのできない方

  • 妊娠中の方
  • イボ・ヘルペスなどウィルス性疾患が施術場所にある方
  • 心臓ペースメーカーをお使いの方
ご相談・ご予約

よくある質問

イオン導入は1回でも効果があるものですか?

お肌の奥からもっちり、しっとりとした実感をされる方はとても多いです。
美肌治療と併せて行う際は、継続してお受け頂く事をお勧めいたします。

施術は痛みがありますか?

微弱な電気を流す事により、多少ピリピリした感じを受ける方もいらっしゃいますが、痛みがある場合は、電量を下げ気持ちよく施術をお受け頂けるよう、設定を変えて行わせて頂 きます。

ビタミンCとトラネキサム酸の両方のイオン導入を受ける事は可能ですか?

施術可能です。ビタミンCはシミ、そばかす、ニキビが主に効果的です。
トラネキサム酸は、肝斑等に効果的です。

イオン導入の治療時間や通院ペースを教えて下さい。

お客様のお肌の状態により、個人差はございますが、1週間に1度位のペースをお勧めしております。

肝斑にもききますか?

肝斑の場合、トラネキサム酸のイオン導入を合わせてお勧めしております。

ニキビ肌なのですが、イオン導入は効果的ですか?

ニキビ肌の方に効果的です。
当院で行っているジェネシス、サリチル酸マクロゴールピーリングとの組合せがお勧めです。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ