ニキビ治療(ケミカルピーリング、イオン導入、ホルモン療法)は東京銀座・渋谷の美容皮膚科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容皮膚科

HOME > 診療科目一覧 > 美容皮膚科 / ニキビ

ニキビ治療

ニキビとは

ニキビ(面皰)とは主に男性ホルモンなどによって皮脂分泌が亢進し、さらに毛包漏斗部の角化異常が起こることで、毛包内に皮脂が貯留し、アクネ菌が増殖した状態。この面皰の前段階が微小面皰です。
閉鎖面皰
という段階では毛孔が角栓により閉鎖し、毛包内に皮脂の充満、及びアクネ菌の増殖を認めます。

炎症性皮疹(赤ニキビ)という段階になると面皰内で皮脂を栄養とするアクネ菌が増殖し炎症反応が発生します。

膿疱の段階になると炎症により毛包壁が破壊され、内容物が漏出。さらに炎症を進展させる。皮膚から真皮層に至るダメージが発生し瘢痕が残ることになります。(ニキビ跡)

さらに悪化して隣同士の膿疱がつながってしまったりすると線維化が不規則に起こりボコボコとしたクレーターと表現するような状態になります。

ニキビの治療について

ニキビの治療は

(1)ニキビをできにくくしていく治療と
(2)できてしまったニキビを改善させていく治療

に分かれます。(1)のニキビをできにくくしていく治療がより重要です。

(1)ニキビをできにくくしていく治療

ⅰ.皮脂の分泌を少なくしていく
ロアキュタン

ビタミンA誘導体(レチノイドグループ)世界標準の難治性ニキビ治療薬。日本で扱う医師はわずかです。(30カプセル27,000円)

※ロアキュタン(アキュテイン)について

▼効果・効能
ロアキュタンはイソトレチノイン(レチノイド)製剤です。難治性ニキビの治療に使用されます。
▼使用できない人
(1)妊婦・妊娠の計画のある女性(妊娠前少なくとも3ヶ月)
  ・本剤を妊娠中に使用した場合、胎児の先天性欠損の危険性が極めて高くなります。
(2) 授乳中の人
(3) この薬にアレルギーのある人
(4) ミノマイシンなどのテトラサイクリン系抗生剤を使用中の人
(5) 腎疾患・肝疾患・糖尿病・(うつ病(精神疾患))
(6) 血中の脂肪の値が非常に高い人
▼使用法
・通常1日1回1カプセル(20㎎)を食事とともに内服してください。
・治療期間は6~8ヶ月が標準です。
・効果が現れるまで最初の数週間は症状が幾分悪化する場合もありますが、これは心配ありません。
・大部分の患者様はロアキュタンの使用を終えてからも肌の状態の改善が維持されると感じます。
・飲み忘れたときは次の内服の際通常通り飲んでください。(間違っても過量使用しないでください)
▼使用上の注意
・ 内服中・および内服終了後3ヶ月間妊娠は決してしないでください。
・ 他の薬を併用する場合・医療機関にかかる際はロアキュタンを内服している旨お伝えください。
・ 診察予約はきちんと守ってください。
・ 状態によっては肝機能・コレステロール値などの採血が必要になる場合があります。
・ 激しい運動をする場合はご相談ください。
・ 本剤の使用中および終了後1ヶ月は献血できません。
・ この薬がどのような影響を及ぼすかわかるまでは機械類の運転には注意してください。
・ ドライアイによりコンタクトレンズの違和感を感じる場合があります。
・ 日焼けは控えてください。
・ 皮膚に刺激の強い脱毛・ピーリング・あかすりなどはお控えください。
▼副作用
○口唇・口腔・鼻・目・皮膚の乾燥(各部位の保湿を心がけてください)
○鼻出血
○骨・関節・筋肉の圧痛・硬直
○疲労
○頭痛
○眼疾患
○脱毛(一過性のことがほとんどですがまれに持続することがあります)
○肝障害これらは容量を減らす、または中止で改善します。
重篤な副作用
○悪心
○嘔吐
○持続性の頭痛
○目のかすみ・視覚障害
○自殺念慮を伴うあるいは伴わない鬱・うつ状態
これらは処置が必要になる場合がありますので早急なご連絡と内服の中止、診察にいらしてください。

なお、これらは可能性のある副作用のすべてではありませんので体の不調などを感じたらすぐにご相談ください。
ホルモン療法

女性で生理前にニキビが悪化しやすい場合、自分の女性ホルモンが皮脂腺に作用してニキビが悪化しています。マーベロンという低用量ピルを使用して自らの女性ホルモンを抑えることで皮脂の分泌を抑えていきます。効果の実感は使用を始めてから半年くらいかけてでてきます。(1シート1か月分2,900円)

ビタミン内服

ビタミンには皮脂の分泌を抑制し、皮膚の保湿力をアップする効果が見られニキビが出にくくなる体質を作っていきます。ニキビの方に対し、ビタミンB1・B2・B6・B12混合薬、ビタミンB5、ビオチンをお勧めしております。もちろん、ビタミンCもお勧めです。(ニキビセット・・・ビタノイリン・パントテン酸・ビオチン50日分10,800円)

ジェネシス・ライムライト

ニキビが長引くと血管の拡張や周囲の瘢痕化による凹凸が見られます。ジェネシスは、拡張してしまった毛細血管を静めていく役割や、瘢痕を小さくしていく効果、さらにはコラーゲンの増生を促進することでニキビ跡やニキビに伴う赤みの悩みを改善します。ニキビ自体も出にくくしていく効果がありこれは、加熱によるアクネ菌の殺菌とコラーゲンが増えることにより皮膚の保湿力が高まり皮脂の分泌が下がるということが考えられています。

ⅱ.皮脂の排出を助ける治療
サリチル酸マクロゴールピーリング

肌表面の余分な角質を除去して肌のターンオーバーを正常化および皮脂腺出口をスムースにします、さらにニキビ菌の殺菌作用によりニキビを改善します。

イオン導入

お肌を美しく保つのに役立つビタミンCやアミノ酸などの成分をイオン化させ皮膚に微弱な電流を流すことで効果的に真皮まで浸透させる方法です。

 

(2)できてしまったニキビを改善させていく治療

面ぽう圧出

毛包内に貯留している皮脂を穴をあけてスムースに排出することで炎症性皮疹の原因をなくしていくこと。ニキビ跡になるような皮膚組織の破壊が起こらないようにしていく。レーザー面ぽう圧出では殺菌と皮脂腺の弱体化が得られるといわれています。またシンシアではタイミングを逸さずに行える自己面ぽう圧出をお奨めしています。(面ぽう圧出5,400円(10個まで)、レーザー面ぽう圧出7,560円(10個まで)面ぽう圧出器10,800円)

抗生物質

ニキビ菌(P.acnes)に対する抗菌作用だけでなく抗炎症作用も期待して用いられます。内服薬で最も良く使われるのはミノサイクリンでこれは皮脂腺に集まりやすい傾向がありニキビ肌に向いています。
(ミノサイクリン(50mg)30日分60錠4,320円、ナジフロキサンクリーム1本1,600円)

ジェネシス・ライムライトレーザーカーボンピーリング

ニキビの予防とともに赤みの改善、炎症の改善が見られるといわれています。

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ