麻酔(局所麻酔、全身麻酔)は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ。

麻酔について

HOME > 診療科目一覧 > 麻酔について 

麻酔について

Cosmedical Clinic Cynthiaでは、手術やヒアルロン酸の注入などの施術に際し最も適した麻酔を行います。麻酔には様々な種類がありますが、種類によっては非常に高度な医学的知識と経験が必要になります。
また、一種類の麻酔単独では危険な状態を引き起こすこともあるので原則としてそれぞれのよい部分を引き出しながら組み合わせで行っていくこととなります。
(手術に際しては麻酔がどのようなものであっても当日、運転やその他の危険が予測される行動はすることができません。酩酊運転よりも危険なものとお考えください。)

それぞれの施術における麻酔に関してはそれぞれのページをご覧ください。
ここでは、当院で使用しているいろいろな種類の麻酔をご説明いたします。

局所麻酔(浸潤麻酔)

麻酔薬を注入することによって注入された部分の痛みを軽減するやり方です。また止血効果を持たせることが殆どです。
眼瞼における注射の麻酔や、脂肪吸引におけるチューメセント法(tumescent法)が含まれます。
美容外科領域ではもっとも重要な麻酔法ですがこれ単独では針の痛みや麻酔薬が入ってくる痛みがあるため他の方法を併用することが多くなっています。

表面麻酔

一般的にはリドカイン(キシロカイン)入りのクリームを表皮に塗ること、あるいは麻酔薬入りの点眼薬やゼリーを粘膜面に塗ることで痛みを緩和するものです。
表皮においては、場所により効果の出る時間とその強さが違います。薄い皮膚(上眼瞼、下眼瞼など)では効果が非常に高く、塗って15分程度から効き始めます。よほどお急ぎでなければお勧めしています。
厚い皮膚では効果がでにくいこともあります。

吸入麻酔

笑気、セボフルレン、イソフルレンなどの気体を吸入することによって得られる麻酔のことです。
当院では笑気を使用しています。
笑気は単独ではややフワッとした気持ちになりある程度以上の濃度で痛みの軽減作用が出てきます。

硬膜外麻酔

背中から針を刺し、脊柱内の硬膜外腔に麻酔薬を注入することによってその部位に応じた体の部分(腹部や大腿など)の痛みを軽減します。これ自体で意識がなくなることはありません。
(ただし、背中に注射すること自体に強い恐怖感や痛みが伴いますのでCosmedical Clinic Cynthiaでは施行する前に痛み止めの点滴を先行させます。)

また、どのように手技に精通した医師であっても患者さんの硬膜外腔の状態によってはいわゆる片効き(右あるいは左だけに効果が出ること)や、部分的に効果が出ないこともあります。また完全に効いていたとしても"手術をされている感覚"はかなりつらいこともあり当院では、必ず静脈麻酔を併用します。

静脈麻酔(鎮静)

点滴から、鎮静薬(心が落ち着く薬)と鎮痛薬(痛みを緩和する薬)を注入し、苦痛を緩和する方法です。
麻酔薬の種類や量によって効果を調節することができます。

静脈麻酔(TIVA変法)

静脈麻酔でも使う薬剤や深度によっては完全に意識をなくし、苦痛を除去することができます。Total Intravenous Anesthesia(TIVA)という概念です。
(厳密には麻薬や筋弛緩薬を使うこともあるのですが当院ではこれらを使わずに患者様の呼吸機能は残した状態で手術を行いますので変法といえるでしょう)

これは、習熟してしまえば非常に安心して使える麻酔なのですが、呼吸循環管理の未熟な医師では到底行うことができません。また、一緒に参加する看護師の理解も必要です。

当院では、比較的危険を伴いやすい胸椎部分の硬膜外麻酔の代わりに使います。
院長は、この麻酔により数百件のバストの手術を安全に施行しています。

全身麻酔

筋弛緩薬などの静脈薬や、吸入麻酔を使用して患者様の意識を完全になくし、また人工呼吸器によるサポートも必要な麻酔を指します。
この麻酔が必要な手術は当院では施行していません。大学病院などを紹介することになりますのでご相談ください。

ご相談・ご予約