肝斑治療(レーザートーニング、ジェネシス)は東京銀座・渋谷の美容皮膚科シンシアへ。

診療科目一覧 ― 美容皮膚科

HOME > 診療科目一覧 > 美容皮膚科 / 肝斑の直接治療

肝斑の直接治療

肝斑とは

肝斑は両ほほを中心に、もやもやと広がる左右対称のシミのことです。ほほ以外にも額や口回りなど紫外線を浴びやすかったり、擦れやすいところに出来ます。

紫外線や摩擦刺激のほか、女性ホルモン(ピルや妊娠)・ストレス等も原因と言われており、強いレーザーを当てると炎症の刺激で逆に肝斑がひどくなるので、なかなか治療が難しいシミでした。

ですが最近は内服や低出力で安定したレーザーによってかなり改善する事ができます。

肝斑の治療法

1. 生活習慣
紫外線や摩擦刺激は肝斑の原因の一つです。洗顔やメイクの時に肌を強くこするのはやめましょう。特にほほ骨の上は骨が突出しているので擦れやすく、摩擦のため皮膚がとても薄くなっている人も多いです。普段から日焼け対策をしっかりして、肌をこする癖をなくし、優しくしっかり保湿して皮膚を保護しましょう。
2. 内服
肝斑では、外や内からの刺激で表皮のプラスミンという物質が増えてメラノサイトが刺激され、メラニン(シミのもと)が作られます。トラネキサム酸はこのプラスミンという物質を抑えてシミが作られるのを防ぎます。トラネキサム酸に加えて美白・抗酸化作用のあるビタミンC、血流改善・抗酸化作用のあるビタミンEの内服がより効果的といわれています。
3. 外用
劇的な効果はありませんが、美白剤としてトレチノインやハイドロキノンを使う事があります。ただし、トレチノインやハイドロキノン自体が刺激になることもあるので注意が必要です。肌の状態によってドクターが判断します。
4. レーザー
肝斑に対し、通常の日焼けのシミ治療に使うQスイッチレーザーを打つと、炎症の刺激で逆に肝斑が悪化してしまうことがあるので、肝斑にレーザーは禁忌と言われていました。ですが、レーザー技術の発展のおかげで均一で安定したレーザー照射が可能になり、肝斑を刺激させない程度の強さ(低出力)で、レーザートーニングを繰り返しあてることで、肝斑を改善することができるようになりました。肝斑の程度にもよりますが、2週間おきに8~10回ほどの照射が推奨されています。メラノサイトへの刺激を避けるためにもレーザー治療中はトラネキサム酸などの内服との併用が望ましいです。

シンシアの肝斑治療

QスイッチNd:YAGレーザー「MedLite」による肝斑の新しい治療法「レーザートーニング」

これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、レーザートーニングは炎症を促進させず、肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンにアプローチしていきます。非常に弱いパワーでレーザーを当てて、肌に余計な刺激を与えることなく蓄積したメラニンを少しづつ減らしていきます。回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。その為、今までのレーザーでは治療が難しかった肝斑に画期的効果をもたらすことが可能となります。肌の中に滞留しているメラニンに対し働きかけるために悪化させることなく肝斑を薄くしてゆき均一な肌トーンの美肌が手に入ります。レーザートーニングは肝斑だけではなく、シミやくすみ等のあらゆる肌の色ムラにも効果を発揮し、明るく透き通るような肌へと導きます。気になる開いてしまった毛穴にも効果を発揮し、毛穴縮小を促しピンとハリのある、キメ細やかな肌へと整えます。

レーザートーニングとは

レーザートーニングの特徴は、フラットなビーム光での低出力照射にあります。その為、出力照射によって健常組織には余計な刺激を与えずに滞留したメラニンが徐々に取り除かれるとされています。

通常、レーザー光のエネルギーは中心部がいちばん高くなり、端にいくほど弱くなります(ガウシアン型)。ですが、パワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症が強く起こり、肝斑が悪化する可能性があるため、従来のレーザー機器は肝斑治療に適していなかったのです。

この治療で用いるハンドピースなら、均一なレーザー光(トップハット型)で肝斑のメラニン色素を狙い撃ちし、効果を出すことができるのです。

>> レーザートーニングの詳細を見る <<

さらに効果的な肝斑治療

レーザートーニングと以下の治療を組み合わせると、最大の肝斑治療効果を期待することができます。お肌の状態に合わせて、シンシアでは最適な肝斑組み合わせ治療をお勧めさせていただきます。レーザー治療と美白成分の相乗効果で、より美しいお肌になることができます。

ジェネシス

実は肝斑とアトピー性皮膚炎の人の肘や首の皮膚が黒い状態はとても似た病態です。

化粧などでこする、痒いから掻く

修復しようとして血管がよってくる

修復物質がばらまかれる。その中にメラニン色素誘導物質がいる

皮膚がメラニン色素誘導物質によって黒ずんでくる

という感じです。

レーザートーニングで皮膚のダメージにならないようにメラニン色素を変質させて追い出していきながら、ジェネシスの

  • 余計な血管を締める作用によってメラニン色素誘導物質がばらまかれるのが少なくなること
  • コラーゲン量が増えてきてキメが細やかになってくると、保湿力が上がり痒みが減ったり、多少こするくらいでダメージを受けにくい健康な肌になる

というメリットによって肝斑も改善していきます。
これからの肝斑治療はレーザートーニングだけでなくジェネシスを組み合わせていくことがお薦めです!

>> ジェネシスの詳細を見る <<

ライムライト(肝斑に唯一効果のあるフラッシュ治療)

日本人の肌に合わせ数ある光治療器の中でも比較的痛みが軽く、従来のIPL治療器で諦めかけていたシミやそばかすに対しても高い効果が期待できる治療です。照射数も80Shotと全顔に必要十分な回数を確保しています

>> ライムライトの詳細を見る <<

イオン導入(トラネキサム酸・イオン導入)

お肌のバリヤーによって、通常のケアではビタミンCを十分にお肌に浸透させるのは難しいのが現実です。お肌を美しく保つのに役立つビタミンCやアミノ酸などの成分をイオン化させ、皮膚に微弱な電流を流すことで効果的に真皮まで浸透させる方法です。(通常の化粧品の100倍近い浸透力といわれています)

>> イオン導入の詳細を見る <<

トラネキサム酸+ビタミンC内服

美白に大変良いとされているビタミンCと、メラニンを作り出すメラノサイトの活性化を防いで肝斑やシミの悪化を防ぐトラネキサム酸(トランサミン)を服用します。

  • トラネキサム酸+ビタミンC内服30日分 4,000円(税別)
ご相談・ご予約

よくある質問

肝斑にレーザー治療はよくないと聞きますが?

従来のレーザー治療ですと、ライムライトのような一部のものを除き、メラニンの生成を促してしまうという点で逆効果とされていました。しかし、レーザートーニングは非常に低出力なフラット照射を数回にわたり 繰り返すことで、肝斑の悪化につながるような刺激を避けつつ、直接治療することを可能にしました。

肝斑なのかシミなのかわからないのですが…肝斑でもないのにレーザートーニングを受けたら、どうなりますか?

施術前のカウンセリングで、肝斑なのかどうか医師が診察させていただきますので、ご安心下さい。またレーザートーニングは肝斑以外にくすみや色素沈着、毛穴改善にも有効ですので、どんな方が受けられても有害なものではありません。

レーザートーニングは痛くないのですか?麻酔するのですか?

少し刺激を感じる程度です。通常、麻酔もしませんが、痛みに弱い方は予めお申し出下さい。

治療後(当日)はどうなりますか?

照射した部位に少々赤みが出ますが、数時間でおさまります。
メイクをしてお帰りいただくことも可能です。絆創膏を貼っていただく必要もありません。

レーザートーニングで肝斑を完治できますか?

肝斑の発生原因にはいまだ不明な点が多く、レーザートーニングは今現在、最も有効な治療法の一つですが、完治させられるとは言いきれません。
内服薬やイオン導入などを組み合わせ、紫外線をはじめとした肌ストレスを避けて、よい肌コンディションを保つことを心がけて下さい。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ