鼻・輪郭・口唇(隆鼻術、鼻尖修正、小鼻縮小、アゴ、おとがい形成、口唇縮小術、口唇拡大術)は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容外科 顔の施術メニュー

HOME > 診療科目一覧 > 美容外科/鼻・輪郭・口唇 > 鼻(隆鼻術、鼻尖修正、小鼻縮小)

鼻(隆鼻術、鼻尖修正、小鼻縮小)

シンシアの鼻整形術

医師の高い技術力と優れたデザイン能力が必要

鼻のお悩みは、人それぞれです。当院では、患者様のお悩みに合わせてバランスの良い、理想の鼻ラインをご提案致します。

  • 理想のイメージとかけ離れて、満足のいく結果が得られなかった。
  • 医師の技術レベルと美的センスが低く、仕上がりが納得いかない。

などのご相談を受けることがあります。

まずは、事前のカウンセリングで充分なコミュニケーションを取りながら、患者様の理想のイメージをしっかり共有してまいります。

こんな方にお勧めです。

隆鼻術
  • 低い鼻を今より高くしたい
  • 鼻筋が通ったシャープな顔立ちにしたい
鼻尖修正
  • 鼻先が丸く、ダンゴ鼻をなんとかしたい
  • 鼻の穴をシャープにしたい
小鼻縮小
  • 鼻翼の形を小さく自然に見せたい
  • 鼻翼が肉厚で幼く見える

隆鼻術とは

医療用のシリコンから造られたプロテーゼを使用します。プロテーゼは挿入される部分に形や大きさが合っていないと、長期的には鼻筋の皮膚に負担がかかり皮膚が薄くなってしまうなど良くない結果をもたらすことがあります。Cosmedical Clinic Cynthiaでは経験を積んだ院長がその方に合った形・大きさのプロテーゼを挿入しますので、皮膚に対する負担も少なく、仕上がりも大変自然です。またプロテーゼは上方では鼻骨と骨膜の間に挿入し、しっかりとした固定が得られるようにします。

L型プロテーゼとI型プロテーゼについて

この二つの形はドクターがこだわることが多い部分です。最近では学会などで声の大きな先生方が盛んにL型プロテーゼは上方変位を起こすことがあるからやめたほうがいいというので、よく調べている方は悩んでしまう方もいらっしゃると思います。

あくまで私見ですが、日本では今まで本当に数多くのL型プロテーゼを使った手術がされていますが、殆どの方は問題なく経過されていると思います。私も、自分が手術をした症例で他の手術を受けてくださる患者様をそっと観察したことは何度もあるのですがあがってしまったなあという方はいません。

結局どちらでも大して変わりが無いと思っていますが、プロテーゼの手術単独なら安定の為L型、軟骨移植などを併用した手術はI型がいいのではないかと思っています。ちなみにL型を入れる際にも鼻先はプロテーゼを薄く調整しますのでそれ自体で鼻先をとても高くする効果はないとご理解下さい。

手術の流れについて

  • カウンセリングの後、石膏で出来た顔型を取らせていただきます。
  • 再度顔型を見ながら患者様とどのようなタイプのプロテーゼを使用するか決めていきます。当院は、レントゲン施設はありませんが、顔型を取ることで骨及び軟骨の状態を十分なQualityで知ることが出来ます。(ヒアルロン酸治療を受けている方は前もって溶かす必要が生じる場合がありますのでご相談下さい。)
  • 選択したプロテーゼを実際の顔型にフィットするように加工していきます。
  • まず肩から痛み止めの注射をします。(当日は、車の運転など危険な行為は出来ません。)
  • 10分程度待って筋肉注射の効果が出てから、鼻自体に局所麻酔をしていきます。
  • 図のように切開しますので傷跡は外からはわかりません。(軟骨前縁切開)
  • 特殊な機械を用いてプロテーゼの入るスペースをつくります。(骨膜下)
  • プロテーゼを挿入し傷を閉じます。
  • 鼻を固定して終了です。
  • しばらく院内でお休みいただいた後、帰宅していただきます。

術後の経過について

  • 三日間固定をはずさないようにお願いします。
  • 腫れと内出血が二週間程度見られます。

鼻尖修正とは

ダンゴ鼻を改善したい方に向いています。しかしながら、日本人では軟骨が貧弱で皮膚が非常に厚い場合この手術をしても殆ど実感が得られない場合があります。
診察が必要ですのでご相談下さい。

小鼻縮小とは

鼻翼が広がっているいわゆる獅子鼻を改善するのに向いている手術です。当院では効果の点から鼻翼の内から外にかけて皮膚を切除する方法をおすすめしています。腫れは、比較的軽度に収まる手術ですが切開線は当初かさぶたがつく場合があります。また長期的には傷はかなり目立たなくなります。

切らない治療

>> 切らない治療をご希望の方は、こちら

症例写真

症例.1)

この症例に関する院長のブログはコチラ


症例.2)小鼻縮小手術後、とても厚い鼻プロテーゼ+鼻尖修正

この症例に関する院長のブログは その1 その2

>>もっと症例写真を見たい方はこちら

手術の流れ

カウンセリング

具体的なお悩みをお伺いして、どのような治療が一番良いかご提案致します。手術後のイメージをしっかりお伝えし、理想の鼻ラインとお顔全体のバランスを見ていきます。

プロテーゼを使用する場合は、カウンセリングの後、石膏でできた顔型を取らせていただきます。再度顔型を見ながら、どのようなタイプのプロテーゼを使用するか決めていきます。

※当院はレントゲン施設はありませんが、顔型をとることで骨及び軟骨の状態を充分なQualityで知ることができます。(ヒアルロン酸治療を受けている方は前もって溶かす必要が生じる場合がありますのでご相談下さい)

麻酔

まず、肩から痛み止めの注射をします。(当日は、車の運転など危険な作業はできません)  10分程度待って筋肉注射の効果が出てから、鼻自体に局所麻酔をしていきます。

手術

〈隆鼻術〉
特殊な機械を用いてプロテーゼの入るスペースを作ります。
(鼻膜下)→プロテーゼを挿入し傷を閉じます。→鼻を固定して終了です。
(しばらく院内でお休み頂いた後、帰宅していただきます)

〈鼻尖修正〉
鼻翼軟骨を露出し軟骨上の余分な組織を除去します。
→両側の軟骨を縛って中央に寄せます。→デンバースプリットという固定具で固定します。

〈小鼻縮小〉
鼻翼の内から外にかけて皮膚を切除します。→鼻腔の方に溶ける糸で外縫いします。
(基本的に外側の切開線には外縫いの糸はついていないので抜糸はありません)

手術後

〈隆鼻術〉
3日間固定を外さないようお願いします。腫れと内出血が2週間程度見られます。  

〈鼻尖修正〉
5日間固定を外さないようお願いします。腫れと内出血が2週間程度見られます。

〈小鼻縮小〉
創部の傷の赤みは数ヶ月かけて白っぽい線へ変化しますが、メイクでカバーできます。

ご相談・ご予約

よくある質問

プロテーゼを入れる際に気をつけることはありますか?

それぞれの鼻に適した形状のプロテーゼを選ぶのが成功のポイントです。
また、術後の固定をしっかりすることで結果がでます。

左右の鼻の穴の大きさを同じにできますか?

小鼻縮小で、微妙な左右差もバランスを考えて手術しています。

痛みについて教えて下さい。

手術中は麻酔が効いているのでご安心下さい。術後に強い痛みが出ることはありませんが、ご希望の方には鎮痛剤をご用意致します。

他院で効果が見られなかったのですが、修正は可能ですか?

当院では、他院で失敗したという方からのご相談が多く寄せられています。患者様のご希望に沿ったご提案と治療を行っております。稀に、何度も繰り返して行っている方にはリスクも合わせてお伝えしお断りすることもあります。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ