二重まぶた施術(埋没法、全切開法、目頭切開、脂肪除去、涙袋形成術)は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容外科 顔の施術メニュー

全切開法

外国人のようなキレイに揃った二重にしたい。

全切開法   195,000(税別)

全切開法とは

二重のラインを定めて切開し、内部組織を調整してから縫合し、二重のラインをしっかりと癒着させる方法です。二重の人の場合は、加齢によってまぶたにタルミが生じ、同時に二重も下がって二重幅が狭くなることありますが、切開してタルミを除去し「キレイな二重にしたい」と希望する人もいるようです。眼瞼の表側と裏側を強力に関連付け、生涯にわたって重瞼ラインを保ち続ける施術です。

他院との違い

コスメディカルクリニック シンシアでは二重まぶたの施術は、ナチュラルクイック法・シンシア プレミアムクイック法をまずお勧めします。特に皮膚が厚いなど二重まぶたになりづらい方には切開法が適応となります。皮フを切るだけで眼輪筋などの処理も程々に埋没でくせを作っている医師もいらっしゃいますが、それではしっかり行なう埋没法よりもむしろ戻りやすいことすらあります。

切開法を本質とつきつめて行えば、埋没糸で補強する必要はありません。医師の経験によって著しく結果が変わり、しかも修正の難しい術式ですので術前にしっかりとした見極めを行うことが必要です。

図の様に切開線の上下で解剖学的に明らかな差異を発生させ確実な重瞼をつくります。

シンシアでは傷ができるだけ目立たないように丁寧な縫合をしています。(数ヶ月かけて大多数の方が殆どわからない程度になります)また術後の幅の調整は非常に困難で特に狭くすることは難しいので、術前のカウンセリングを非常に慎重に行います。

症例写真

症例.1)全切開法

この症例に関する院長のブログは その1 その2 その3(切開法になった理由)

埋没法+マイクロカット脂肪除去

>>もっと症例写真を見たい方はこちら

施術について

麻酔

麻酔は眼科用の点眼麻酔と32Gの極細針を丁寧に使用した痛みの少ない方法です。加えて時間を贅沢に使用するクリーム麻酔と笑気を使用するプレミアム麻酔を使用します。

アフターケア

  • 腫れ止め・目薬・抗生剤・痛みどめをお出ししております。
  • 術後2日目より洗顔・シャワー可能です。
  • 5~7日目に抜糸を行います。
  • 抜糸後2日目よりメイク・入浴可能で、傷もほとんど目立たなくなります。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ