婦人科(女性器周辺)の悩みは東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ。ベテラン院長がカウンセリングから手術・術後の経過までをしっかり診療します。

診療科目一覧 ― 美容外科 その他メニュー

HOME > 診療科目一覧 > 美容外科/婦人科(女性器周辺)の悩み

婦人科(女性器周辺)の悩み

悩みを一人で抱えている貴方へ  短時間の手術で、入院不要

女性器

デリケートゾーン(女性器)の悩みというのは非常に難しくて、なかなか他人にも相談できないので、自分が正常なのかどうかも分かりにくいものです。男性によっては、発達した小陰唇やクリトリス包皮が苦手な方も多くいらっしゃいます。加えて痴垢がたまりやすく、匂いの原因になっている場合もあります。気になる場合は手術で控え目にすることをお勧めいたします。デリケートな部位ですが、幸いにして、この部分はあまり明るい場所で凝視することも少ないですし、そもそも傷が相当目立たなくなる部分ですのでご安心下さい。   

こんな方にお勧めです。

  • 小陰唇が大きい
  • 形が気になる
  • 黒ずみが気になる
  • 臭いや垢が溜まって悩んでいる
  • 感度が悪い
  • 性交時に痛みがある

小陰唇縮小とは

小陰唇は、尿道口と膣口の両脇にあるヒダ状の薄い肉びらの部分です。小陰唇のバリエーションは多岐にわたり、それ自体が病気というわけではありませんが、明らかな左右差や大きい場合、やはり気になるものです。また、老化が進行するとヒダ状の薄い肉びらが大きくなり、次第にゆるみ垂れ下がってきます。手術で小さくすることにより、かなり控えめにすることができます。

クリトリス包茎とは

尿道口の少し上にあり、皮膚に覆われている突起のような部分がクリトリスです。このクリトリスの外側にある包皮が、全体的に覆い被さっている状態をクリトリス包茎といいます。包皮の間に分泌物やアカがたまり、臭いの原因となります。また性交時の痛みや不感症になることもあります。自覚症状が無い方も含めるとクリトリス包茎の方は相当数多いと考えられます。この治療は、過剰なクリトリス包皮を部分的に切除し、クリトリスを適度に露出させる治療になります。

手術の流れ

カウンセリング

具体的なお悩みをお伺いして、治療の有無や、どの治療が一番良いかご提案致します。

麻酔

局所麻酔・笑気に加えて(多数のクリニックでは、この二つだけで行われています。)、静脈麻酔を使います。(当日は、車の運転など危険な作業はできません) 

手術

余分な皮を切除し、吸収糸で縫合します。(術後の抜糸も不要です)

手術後

手術後、麻酔が切れると少し痛みが出る場合がありますので、その前に痛み止め薬を内服下さい。手術当日はできるだけ安静にして下さい。腫れ、内出血はおよそ2週間ほどで引いてきます。数ヶ月にわたってつれた感じがしますが、改善します。傷は元来目立ちにくい場所ですが、最終的には殆どわからなくなります。

ご相談・ご予約

よくある質問

小陰唇縮小とはどのような手術ですか?

外側の色素が濃い部分を主に切り取り丁寧に縫い合わせることで、大きさや形を整えることができます。

麻酔はどのような方法でしますか?

局所麻酔・笑気に加えて、静脈麻酔を使います。
(当日は運転などの危険な作業はできません。)

傷跡は目立ちますか?

術後、抜糸なども無くて済むように吸収糸を使って手術をします。傷も長期的には、ほとんど分からなくなります。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ