婦人科(女性器周辺)の悩みは東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ。ベテラン院長がカウンセリングから手術・術後の経過までをしっかり診療します。

診療科目一覧 ― 婦人科治療

HOME > 診療科目一覧 > 婦人科(女性器周辺)の悩み

婦人科(女性器周辺)の悩み

女性器の悩みというのは非常に難しくて、なかなか他人にも相談できないので自分が正常なのかどうかもわかりづらいものです。
かといって、自分で見てその大きさが気になったり、やはり男性によっては発達した小陰唇やクリトリス包皮が苦手な方も多くいらっしゃいます。加えて痴垢がたまりやすく匂いの原因になっている場合もあります。気になる場合は手術で控え目にすることをお勧めいたします。
デリケートな部位ですが、幸いにして、この部分はあまり明るい場所で凝視することも少ないですし、そもそも傷が相当目立たなくなる部分ですのでご安心ください。

小陰唇縮小

小陰唇のバリエーションは多岐にわたりそれ自体が病気というわけではありませんが、小陰唇の明らかな左右差や、大きい場合にはやはり気になるものです。
また、痴垢がたまりやすく臭いの原因になったり、生活においてもジーンズをはくと痛くなることなどで気になる方もいらっしゃるようです。

この部分は、手術で小さくすることによりかなり控えめにすることができます。
デリケートな部分ですので当院では、麻酔は、局所麻酔・笑気に加えて(多数のクリニックではこの治療はこの二つだけで行われています。)、静脈麻酔を使います。(当日は運転などの危険な作業はできません。)また、術後の抜糸なども無くて済むように吸収糸を使って手術をしますのでご安心ください。傷も長期的にはほとんどわからなくなります。

なかなか近しい人にも相談できない悩みですが、お気軽にご相談ください。

クリトリス包茎

クリトリスを覆っている皮をクリトリス包皮と言いますがバリエーションは多岐にわたりそれ自体が病気というわけではありません。しかしながら大きく足を閉じていても前から見えてしまう場合にはやはり気になるものです。
また、痴垢がたまりやすく臭いの原因になることや、生活においてもジーンズをはくと痛くなることなどで気になる方もいらっしゃいます。

この部分は、手術で小さくすることによりかなり控えめにすることができます。
デリケートな部分ですので当院では、麻酔は、局所麻酔・笑気に加えて(多数のクリニックではこの治療はこの二つだけで行われています。)、静脈麻酔を使います。(当日は運転などの危険な作業はできません。)また、術後の抜糸なども無くて済むように吸収糸を使って手術をしますのでご安心ください。傷も長期的にはほとんどわからなくなります。

なかなか近しい人にも相談できない悩みですが、お気軽にご相談ください。

ご相談・ご予約