切らないフェイスリフト(ミントリフト、スプリングスレッドリフト)は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容外科 顔の施術メニュー

HOME > 診療科目一覧 > 美容外科/切らないフェイスリフト

切らないフェイスリフト MENU

切らないフェイスリフト

フェイスリフト専門ホームページへ

シンシアの切らないフェイスリフト

溶ける糸と溶けない糸の比較表

溶ける糸 溶けない糸
メリット デメリット メリット デメリット
糸は数ヶ月から2年ほどで体内に吸収されてなくなります。施術による後遺症や失敗が心配な人や、体内に異物があることに抵抗を感じる人は、心理的に安心感があるでしょう。 糸が溶けるとリフトアップ効果は弱まります。一時的な改善策といえます。 糸周囲にコラーゲンのトンネルが形成され、若返り効果が長期的に持続します。術後2~3ヶ月後にも肌の再生効果でハリ感が更にアップします。 溶けない糸の場合、ニキビ等からの菌の持ち込みによる炎症を起こした場合、除去手術 を行わないといけないというリスクがあります。

レーザーによるたるみ治療

手術には抵抗があるという方には、痛みもダウンタイムもない治療をお勧め致します。

SMAS層を引き上げる、最先端のたるみ治療

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ