目もとのお悩み・若返り(眼瞼下垂、目の上のたるみ取り、目の下のくま・たるみ取り)は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容外科 顔の施術メニュー

目の上のタルミ取り

加齢によるタルミやシワが気になる。若々しい目もとになりたい方へ

目の上のタルミ取り
(+二重まぶた切開法)
  230,000(税別)
眉毛下切開によるタルミ取り   200,000(税別)

目の上のタルミ取りとは

まぶたの皮フは加齢とともにタルミが出てきます。進行すると目が小さく重たい印象になったり、視野が狭くなったりします。また、視野を広げようとするため眉毛を上げる癖が出て、額のシワが発生します。

また、目の上のタルミが強い方は、視界を確保しようとするためにおでこが緊張してしまい、頭痛・肩こりの原因となり、様々な悩みにつながっていきます。タルミが軽度な場合ですと、二重埋没法でも対処できますが、基本的には余剰な皮フを減らす手術が必要になります。

※埋没法で無理に施行した場合、ご自身で鏡で見ても分かりませんが、伏せ目(文字を書いている時など)では、ひきつれが目立ち、不自然な感じになることがあります。

シンシアのタルミ取り

1. 二重のラインに沿ったタルミ取り

切開法重瞼術に加えて余剰皮フの切除が基本となります。眼窩脂肪も必要に応じて除去しますが、この手術が必要となる方の場合まぶたが厚ぼったく見える理由は、眼窩脂肪にあるのではなくタルミ自体と、皮フの厚さに依存することが多いのです。

また、上眼瞼の皮フの厚さは、睫毛に近い部分と眉毛に近い部分では大きな差があるため、切除の必要量が多い方の場合タルミは減って重瞼ははっきりしても、重瞼の折り返し部分が厚ぼったくみえることがあります。

2. 眉毛の下縁に沿ったタルミ取り

眉毛下に沿って皮フを切開する方法もあります。上眼瞼の皮フが非常に厚い場合に良い適応となることもあります。また腫れが、1)に比べて少ないのも利点です。手術のその日から肩こりや頭痛が楽になってくることもあります。

手術法1)2)の選択、あるいは埋没法でできるかなどについては、十分な経験と高い意識をもったDr.カウンセリングをしてから、手術が必要です。

症例写真

症例 1 眉毛下切開タルミ取り 50歳女性

この症例に関する院長のブログはコチラ


症例 2 上眼瞼タルミとり(二重のラインに沿った切開)74歳女性

この症例に関する院長のブログはコチラ

>>もっと症例写真を見たい方はこちら

治療の流れ

無料カウンセリング

あなたの悩みを丁寧にお伺いし、ご本人の希望は勿論、具体的なお悩みについて院長自らカウンセリングを行います。手術の範囲、手術後の仕上がりなど、ご希望を治療前にお聞きし、ご本人が納得行くまでご説明し、不安を解消しておくことで、安心して手術を受けられます。

洗顔とマーキング

治療を受ける前にメイクを落として頂きます。お化粧が残っていると治療の妨げになりますので丁寧に洗顔して下さい。その後、手術する部位にマーキングを行います。

麻酔

麻酔は眼科用の点眼麻酔と32Gの極細針を丁寧に使用した痛みの少ない方法です。加えて時間を贅沢に使用するクリーム麻酔と笑気を使用するプレミアム麻酔を行っています。

手術

麻酔が効いていますので安心して手術お受け下さい。

治療後

  • そのまま歩いてお帰り頂くことが可能です。
  • 当日はゆっくりとお過ごし下さい。
  • 術後2日目より洗顔・シャワー可能です。
  • 5~7日目に抜糸を行います。
  • 抜糸後2日目よりメイク・入浴可能となります。

アフターケア

腫れ、内出血がありますが、腫れ止め・目薬・抗生剤・痛み止めを処方し、万全のアフターケアを行っております。

  • 初日から三日目位が一番強く、1~2週間ぐらいでおよそ引く感じです。
  • まれに結膜下出血が起こることがあります。
  • ナチュラルになるのは2週間くらいかかり、この間左右差が見られます。
  • 左右差は残る場合があります。
  • 術後しばらく血涙が見られることがありますが心配ありません。
  • コンタクトレンズは3日後からご使用下さい。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ